ヤマダエンペラー55

山田パター

この記事は2013年当時のものです。

2013年2月の日米会談で話題になった山田パター。

「オバマ パター」とも「安倍 オバマパター」とも呼ばれる安倍首相がオバマ大統領へ贈ったこの山田パターを製造しているのは、唯一山形県に1社を構える社長1人だけの有限会社 山田パター工房です。

海外ではプロゴルファーだけでなくアマチュアゴルファーの間でも高い人気をもつ山田パターは「軟鉄一体削り出し」工法で製作されているため、その「柔らかいタッチ」がたまらないそうです。

現在は「オバマ 安倍 パター」で世界中に知れ渡ってしまったことで、世界中からの注文が殺到し入手困難な状況になってます。

ライン・ギブソン選手は出身のオーストラリアにある山田パター工房の販売代理店のサポートを2年前から受けていて、この日も山田パター”Emperor(エンペラー)”を愛用して記録「55」を達成したわけです。

ライン・ギブソン選手が山田パター”Emperor(エンペラー)”で「55」を達成したことで、世界中ではツアープロだけでなくアマチュアゴルファーの間でも大きく話題になっていました。

このことを知っていた米オバマ大統領は2013年2月日米会談の際、日本の安倍首相に同じタイプの山田パター”Emperor(エンペラー)”をお願いしていたことで、さらに山田パターの知名度を世界的に知らしめることになりました。

このことを受けて現在、アメリカ、ドイツ、イギリス、フランス、韓国、台湾など世界中から山田パターを求めるゴルフファーたちが殺到していて、オーダーメイドの山田パターは半年から一年待ちの状態になっています。

山田パター”Emperor(エンペラー)”が、人類初となる世界最少スコア誕生に貢献したパターとなったことに対する取材で、山田パター工房の山田透社長が喜びのコメントをしています。

「ライン・ギブソン選手が叩きだした55というスコアは人類の壁を破る、称えるべきスコアです。私が積み重ねてきたゴルフ理論とスイング理論、その理論を実践するための道具を愛用する選手が結果を出してくれました。私がやってきたことが間違っていなかったことが実証されたと思っています。本当に嬉しいことです」

“Dream54(パッティング・ストローク矯正器)”と”ライン・ギブソン世界記録記念モデル・55”

ライン・ギブソン選手が「55」を達成した秘密がもうひとつあります。それは山田パター工房の山田透社長がパー72のラウンドをオールバーディで回れる(※1)夢をかけて開発した渾身の”Dream54(パッティング・ストローク矯正器)”で日々、練習していたそうです。
※パー72をオールバーディでラウンドすると「54」のスコアを達成できる。

●Dream54″ドリーム54″(パッティング・ストローク矯正器)
一日数分間のストローク練習で理想のストロークが数日で身につく矯正器

 

山田パター工房 考案 ドリーム54 パター矯正練習機 DREAM54 ※Gol-Mu(ゴルミュー)付属
価格:17280円(税込、送料無料)



タイトルとURLをコピーしました